先日、査定表に目を通して意気消沈しました。

先日、査定表に目を通して意気消沈しました。

私の車はこれだけの価値しかないんだと感じました。
素人とは異なり、あちらこちらにチェックが組み込まれていました。衝撃だったので、他の買取業者にも査定をしてもらったのですが、だいたい同じ内容でした。買取で高値が付く車というとやはり軽自動車でしょう。「最近では足代わりに安い車が欲しいというお客様が増えてきている」「店で代車としても使えるのでムダがない」と中古車屋さんでも言われているようです。

最近は、軽自動車といっても車体の大きいものが増えてきたので、意外にもファミリー層が買ってくれることもあるようです。軽なら燃費が良い上に税金も大変安く、仕入れる先から売れていくので、おのずと買取の金額も高くなってくるのですね。中古車を買い取る際の査定では、見落としのないよう細分化されたリストがあり、それぞれの標準から加点減点を行い評価額を割り出します。


そんな中で確実に減点されるのは、誰が見てもわかるところで車体の傷やヘコミ、塗装浮きなどです。気をつけたいところでは、それらのキズを素人なりに修理しようとした場合で、業者からするとマイナス査定をつけざるを得ないパターンも少なくありません。

プロ並みの機材と労力があれば構わないですが、業者に売るのであればヘタに手を加えないほうが良いです。ウェブ上の中古車一括査定サイトの中には、名前を明記しなくても査定をお願いできるものもあるのです。

査定金額が幾らぐらいになったかを知るために電話やメールは記載しなければなりませんが、個人情報はできるだけ開示したくない方は積極的に利用すると良いかもしれません。

それから、電話なども公開せずに相場が前もって分かるためには、メーカーのサイト上で車種や年式などを入力することで、参考価格を知ることが可能でしょう。


参考価格が分かると言っても、ザックリしたものでしかありませんから、大して参考になったという意見はないですね。


前に、知り合いの中古販売業者の人に、12年使用した車を鑑定してもらいました。ほぼ廃車同然だと言われてしまい、値段をつけてもらえるかどうか心配でしたが、車の下取り価格は3万円という結果でした。

そして、その車は修理したのち代車等に使用されているそうです。中古車の査定額は天気に左右されます。
青空の広がる日、洗車済の車を持って行ったなら、見た感じも綺麗に見えて、車を愛していることがわかるため、少しは査定額が高くなると思います。



逆に、雨の日は、細かな傷のチェックなどができず、査定を行なう店員も慎重になり、この上なく低い価格を提示されることがあるといいます。以上から、車を査定してもらうなら晴れた日に行う方が良いでしょう。
個人売買によって車を手放すよりも、車を査定に出した方が、推奨できます。個人売買よりも車査定で売った方がより高値で売却できることが頻繁にあります。



マニアが好きそうな市場にあまり出回っていない車だと個人間で売買することもお勧め出来るかもしれませんが、それ以外の車の場合には車査定で買取をしてもらった方が必ず高く売れます。


走行距離数が一定以上の車というのは、査定時にマイナス評価がつく可能性があります。減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

ただ、車が全く売れないということをここで書くつもりはありません。

過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、細かくパーツ分けした査定を行って、けしてゼロ円などという結果にはなりません。

近年市販されている車は標準装備でのカーナビゲーションシステムが多数派となってきました。
こういうわけで、単にカーナビが搭載されていてもあまり査定額が高くなることはなくなりました。
例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときには査定額アップが望めるでしょう。
簡単に取り外しが可能なカーナビゲーションシステムであったならば、事前に外してしまって別にカーナビだけオークションで売るという選択肢もありますね。
中古車査定というのは思ったより簡単なものです。


提示された金額を了承すると、名前の知れた業者の営業マンなら必要書類や今後の流れを丁寧に説明してくれて、売主が書類を渡せばあとの手続きは業者のほうで済ませてくれます。用意するのは名義人の印鑑証明書と実印、車検証、自賠責保険書のほか、直近の自動車納税証明書です。軽自動車の場合は実印と印鑑証明書の代わりに認印だけでも構いません。あと、忘れてならないのは車のキーとスペアキーです。代金の支払い時ですが、最近は担当者に現金を持たせない会社も多いので、振込先の口座も用意しておけば万全です。

ミーもくる